「堺市手話言語の普及及び障害者のコミュニケーション手段の利用を促進する条例」普及イベント

〔説明〕
これは A4縦 カラー 片面のチラシです 
〔説明終わり〕

発行 堺市立健康福祉プラザ 視覚・聴覚障害者センター

テキスト化凡例
1 テキスト化の際に加えた説明は〔〕(亀甲かっこ)で囲んでいます。
2 写真等は【】(墨付きかっこ)で囲んでいます。
テキスト化凡例終わり

「堺市手話言語の普及及び障害者のコミュニケーション手段の利用を促進する条例」普及イベント

補助犬デモンストレーション ~盲導犬・聴導犬・介助犬のお仕事紹介~

令和5年12月9日(土)13:00~15:00
場所 堺市立健康福祉プラザ 1階体育室
手話通訳あり、要約筆記あり、参加費無料、申込不要
※障害の有無に関わらずどなたでもご参加いただけます

【写真3枚】
〔説明〕
チラシ上部から3分の1です。左から盲導犬、聴導犬、介助犬の3枚の写真が並んでいます。
3枚の写真の下にはイベントのタイトルが大きく書かれています。
左から、
1 下り階段手前で止まり、盲導犬使用者に段差の位置を教えているイエローのラブラドールの盲導犬がいます
2 白地に茶色のブチのあるキャバリアの聴導犬が、聴導犬と記した赤いケープを着用して屋外で4つ足で立っています。
3 イエローのラブラドールの介助犬が、介助犬と記した赤いケープを着用して室内で伏せをしています。
〔説明終わり〕
【写真終わり】



〔3種類の補助犬の説明です。〕

1 盲導犬
見えない・見えにくい人が安全に歩けるように障害物を避けたり、曲がり角や段差で止まってサポート。日本ライトハウス盲導犬訓練所の職員にご紹介いただきます。
〔視覚障害のある男性が盲導犬と歩いているイラストがあります。〕

2 聴導犬
聞こえない・聞こえにくい人が気付きにくい、インターホンや呼び鈴、自転車のベルなどを教えてサポート。日本サポートドッグ協会の職員にご紹介いただきます。
〔聴導犬が周囲の音を聞いて、耳の聞こえない女性に知らせているイラストがあります。〕

3 介助犬
手足の不自由な人に物を渡したり、ドアの開閉やスイッチのオン・オフ、身体を支えるなどのサポート。日本サポートドッグ協会の職員にご紹介いただきます。
〔介助犬が靴下を口にくわえて、車いすに乗った女性に渡そうとしているイラストがあります。〕

【地図】
〔説明〕
堺市立健康福祉プラザの位置を表した地図です。
JR阪和線百舌鳥駅から大仙公園に向かって西、上野芝駅から履中天皇陵古墳に向かって北の位置にあります。
大仙公園の南西側と履中天皇陵古墳の北側の間に位置します。
南海バス泉ヶ丘行きの「旭ヶ丘(健康福祉プラザ前)」バス停の前です。
〔説明終わり〕
【地図終わり】

〔交通アクセス〕
◆JR阪和線百舌鳥駅、上野芝駅下車約1,400m
または南海バス「上野芝」バス停より堺東行きで「旭ヶ丘(健康福祉プラザ前)」下車すぐ
◆南海高野線堺東駅より
南海バス泉ヶ丘駅行き10番乗り場「旭ヶ丘(健康福祉プラザ前)」下車すぐ
または南海高野線堺東駅より南海バス光明池駅行きなど乗車「塩穴通」下車約500m
◆泉北高速鉄道泉ヶ丘駅より 南海バス堺東駅行き1番乗り場「旭ヶ丘(健康福祉プラザ前)」下車すぐ

※駐車場台数に限りがございますので、できる限り公共交通機関を利用してお越しください。

イベント案内ページはこちら〔と、二次元コードがあります。〕

同時開催
障害者週間フェスティバル 10:00~16:00 〔二次元コードがあります。〕

主催 堺市 
運営 堺市立健康福祉プラザ 視覚・聴覚障害者センター
協力 特定非営利活動法人 日本サポートドッグ協会、社会福祉法人 日本ライトハウス盲導犬訓練所
お問い合わせ:TEL 072-275-5024 FAX072-243-2222
ホームページ:http://www.sakai-kfp.info/html/eareye_index.html〔読み〕《エイチティーティーピー コロン スラッシュ スラッシュ ダブリュダブリュダブリュ ドット サカイ エスエーケーエーアイ ハイフン ケーエフピー ドット インフォ アイエヌエフオー スラッシュ エイチティーエムエル スラッシュ イヤーアイ イーエーアールイーワイイー アンダーバー インデックス アイエヌディーイーエックス ドット エイチティーエムエル》

以上で「堺市手話言語の普及及び障害者のコミュニケーション手段の利用を促進する条例」普及イベントのテキスト化を終わります。
製作 堺市立健康福祉プラザ 視覚・聴覚障害者センター
製作協力 テキスト化堺
製作完了2023年10月