堺市立健康福祉プラザ
本文へジャンプ お問い合わせ先一覧
文字サイズ標準 文字サイズ大 文字サイズ特大 文字色反転 文字色反転大 文字色反転特大
生活リハビリテーションセンター
 
トップ > ご利用方法 > 生活リハビリテーションセンター(堺市高次脳機能障害支援拠点機関)

「生活リハビリテーションセンター」とは
生活リハビリテーションセンターは、障害者総合支援法に基づく自立訓練(機能訓練・生活訓練)を通所または訪問によって行う施設です。
自立訓練では、障害のある方が地域での自立した生活ができるよう、医療・福祉の各専門職による様々な訓練プログラムを通じた身体機能の維持・向上および社会生活力の向上を図ります。
その他、サービス利用に係る相談支援や、退所後のサービス利用等に係る情報提供やコーディネートなど、障害のある方の地域での生活のしづらさを軽減できるように支援を行います。
また、当センターは堺市における高次脳機能障害支援普及事業支援拠点機関として、支援ネットワークの構築、高次脳機能障害に関する情報発信、支援従事者等に関する研修、その他専門相談等を行います。
生活リハビリテーションセンターについて
 生活リハビリテーションセンターでは、以下のような活動を行っています。
↑メニューへ戻る
生活リハビリテーションセンターにおける自立訓練とは
自立訓練について
  機能訓練 生活訓練
対象となる方 身体障害者手帳をお持ちの方
(高次脳機能障害の診断のある方を含む)
高次脳機能障害の診断のある方
または高次脳機能障害の疑いのある方
利用定員 15名 15名
概要 主に脳・脊髄の病気やケガが原因で
身体障害のある方に対して、
身体機能向上を目的とした訓練を実施します。
高次脳機能障害のある方に対して、
地域生活における社会生活力の
維持・向上を目的とした訓練を実施します。
訓練期間(原則) 6ヶ月 12ヶ月
上記の訓練期間終了後は、標準利用期間(機能訓練期間18ヶ月、生活訓練24ヶ月)の範囲内で、
自宅等での地域生活の場で訓練指導を行う「訪問訓練」が利用できます。
プログラム内容の一例
<機能訓練>
       
個別訓練 脳外傷による
視覚障害の方への訓練
(視覚・聴覚障害者センターと連携して実施)
片マヒデイ
(グループ学習)
片マヒデイ
(マシントレーニング)
集団歩行訓練
作業療法
個別訓練では、手の訓練や、食事・整容・更衣などの身の回りの動作、掃除・洗濯・調理などの家事動作などの作業能力の向上を目指した訓練を行います。目標とする作業ができるように手の使い方、方法、環境を工夫して取り組む訓練をします。
グループでは、あいさつ、相談の仕方など基本的な対人技能の練習を行っています。
 
言語療法
失語症などコミュニケーションの障害に対して言語聴覚士による個別の訓練を提供します。
また、人との関わりに対して消極的になりやすい失語症の方々を対象としたグループ訓練として、リラックスした雰囲気の集団の中で話す、聞くといった活動を通じて自信を高めていただくための訓練を行っています。
 
個別訓練 集団言語訓練
<生活訓練>
体力トレーニング
プラザ内のトレーニング室等の施設を利用して、定期的な体力トレーニングを行っています。
入院中に低下した体力回復や気分転換の機会としての効果のほか、センターでは体力と認知機能の回復との関係に注目し積極的な運動プログラムの導入を行っています。
     
トレーニング プール 言語流暢性課題を
交えた集団歩行
集団スポーツ
(風船バレーなど)
就労ゼミプログラム
組み立てや仕分け作業などの模擬的就労や電話応対や面接など実際の就労場面を想定したプログラムを通じて、作業適性や就労意欲の向上を目指したプログラムを行っています。
 
作業研修の課題の一例 作業課題の作品制作
認知リハビリテーション
注意課題や記憶課題などの集団プログラム、課題となる認知課題を個別に実施する自習プログラム、情報の聴き取り・読み取りとディスカッションなどの応用的なプログラムなどを行っています。
     
自習課題の例 集団プログラム 応用課題の例
(情報の読み取り)
情報をもとにした
ディスカッション
クラフト
革細工や陶芸、書道などの創作活動のプログラムを実施しています。興味・関心の拡大、作業適性のみきわめなどを目的に実施しています。また複数の工程がある作業活動をすることで、集中力や遂行機能を高めます。
 
革細工 絵手紙
園芸
植物を育てることを通じて、記憶の補完や役割の意識づけ、他者との協調性、遂行機能や集中力を養うための訓練です。
作業IT
就労や日常生活での活用につながる、WordやExcelなどの
パソコンの基本操作の習得を目指します。
また、高次脳機障害による様々な課題に対して、パソコン操作を通じた練習を行います。
 
通所訓練
記憶障害や地誌的障害などがあり一人で通うのが難しい方を対象に、オリジナルのルートマップを使ったルートの確認、携帯電話を利用した連絡、GPSを使った位置情報の確認、同行支援によるエラーレス(誤りなし)訓練、職員による観察などを行い、公共交通機関を使った単独通所を目指す訓練を行っています。
 
ルートマップを使った
ルート確認
職員による追跡確認
↑メニューへ戻る
ご相談について
高次脳機能障害に関するご相談・訓練に関するご相談
まずはお電話でお問い合わせください(相談は無料)。
専任の相談員がお話を伺い、高次脳機能障害等に関する相談や自立訓練の利用方法や手続きについて説明をさせていただきます。
お問い合わせ(相談窓口)
堺市立健康福祉プラザ 生活リハビリテーションセンター
電話:072-275-5019/FAX:072-243-0202
〒590-0808 大阪府堺市堺区旭ヶ丘中町4丁3番1号 堺市立健康福祉プラザ4階
開館時間:月〜金曜日 9:00〜17:30 休館日:土・日・祝日・年末年始
↑メニューへ戻る
よくある質問
相談の際によくいただく疑問点・質問を掲載しています。
詳しくは生活リハビリテーションセンターまでお尋ねください。
〇もしかしたら高次脳機能障害かも・・・どこで診断してもらえるの?
〇脳卒中だと、医療のリハビリの後はどんなサービスが使えるの?
〇退院してリハビリは終わったけど、どこかでリハビリを続けることはできないの?
〇高次脳機能障害で年金を受けることができると聞いたのですが?
〇現在、病気休職中だけど、復職に向けた支援を受けるためにはどのようにすればいいの?
〇イライラしたり、感情をうまくコントロールできなくなったけれど、どうすればいいの?
〇同じ境遇や悩みをもった人や家族の話が聞きたいのですが、どこかありますか?
↑メニューへ戻る
研修会情報
$products_list
↑メニューへ戻る
資料(ダウンロードコーナー)
高次脳機能障害に関する資料などを閲覧・ダウンロードしていただけます。
どうぞご活用ください。
高次脳機能障害について 高次機能障害ちらし(表) pdf
高次機能障害ちらし(裏) pdf
"当事者・ご家族の困りごとを
整理する手助けとして"
堺市高次脳機能障害当事者・ご家族向け支援ハンドブック(PDF 2.5MB)
"生活リハセンターの
概要について"
生活リハビリテーションセンター リーフレット【表】
生活リハビリテーションセンター リーフレット【裏】
高次脳機能障害の診断書 様式1−1 医師診断書
(国立障害者リハビリテーションセンターのホームページへ飛びます)
http://www.rehab.go.jp/brain_fukyu/data/ 内「各種様式例」の項目を参照
ご不明な点やお気づきの点などございましたら、
生活リハビリテーションセンター
(072−275−5019)まで
お気軽にご相談ください。
↑メニューへ戻る
 
 
堺市立健康福祉プラザ 連絡先一覧

市民交流センター
TEL/072-275-5017
FAX/072-243-0330
開館:9:00〜17:30

ただし研修室は、9:00〜21:00
休館:土・日・祝日・年末年始

ただし研修室は、年末年始のみ

授産活動支援センター
TEL/072-275-5018
FAX/072-243-0330
スポーツセンター
TEL/072-275-5029
FAX/072-243-4545
開館:9:00〜21:00
休館:火曜日と年末年始
視覚・聴覚障害者センター
(点字図書館・聴覚障害者情報提供施設)
TEL/072-275-5024
FAX/072-243-2222
TEL/072-275-5027(図書貸出予約)
開館:9:00〜17:30
休館:日・月・祝日・年末年始
生活リハビリテーションセンター
TEL/072−275−5019 
FAX/072−243−0202
開館:9:00〜17:30
休館:土・日・祝日・年末年始
総合相談情報センター
TEL/072−275−8166 
FAX/072−244−7777
開館:9:00〜17:30
休館:土・日・祝日・年末年始
堺市発達障害者支援センター
TEL/072−275−8506 
FAX/072−275−8507
開館:9:00〜17:30
休館:土・日・祝日・年末年始
障害者就業・生活支援 センター
「エマリス堺」

TEL/072−275−8162 
FAX/072−275−8163
開館:9:00〜17:30
休館:土・日・祝日・年末年始
堺市難病患者支援センター
TEL/072−275−5056 
FAX/072−275−5038
開館:9:00〜17:30
休館:土・日・祝日・年末年始
重症心身障害者(児)支援センター「ベルデさかい」
TEL/072−275−8510
FAX/072−243−5900
TEL/072−243−8600(短期入所予約)
堺市子ども相談所
TEL/072−245−9197
FAX/072−241−0088
TEL/.072−241−0066(虐待通報)
堺市障害者更生相談所
TEL/072−245−9195 
FAX/072−244−3300

堺市こころの健康センター
TEL/072−245−9192 FAX/072−241−0005
TEL/072−241−0880(ひきこもり相談)
TEL/072−243−5500(こころの電話相談)
 
詳しい情報は、上の【ご利用方法】または【利用&相談しよう】をご覧下さい。
 
ページトップへ
当サイトは、指定管理者 社会福祉法人 堺市社会福祉事業団・特定非営利活動法人 堺障害者団体連合会・財団法人 フィットネス21事業団 共同事業体が運営をしています。
ホームページに関するお問合せ先:072-275-5017(市民交流センター)
Copyright(C) Sakai Shiritsu Kenko Fukushi Plaza ALL rights reserved